古酒とは

古酒について

"蔵の中で3年以上熟成させた日本酒(加糖酒を除く)"を古酒と定義しています。

伝統と伝説の出会い。

伝統的な製法と熟成によって、想像をはるかに超えた味わいのお酒ができあがります。

昔ながらの技術で醸し出される花垣酒は、時代を超えて、日本酒の可能性を広げ、未来へと導いてくれます。

  • 美しく鮮やかな色
  • 濃厚で深みのある香り) ※甘くて独特の熟成香(濃厚で深みのある香り
  • 口に入れた時の柔らかさ
  • 嚥下後の余韻を長時間お楽しみいただけます。

古酒の楽しみ方。

基本的には熟成温度(深熟:常温、淡熟:低温など)で飲むのがおすすめです。また、焦って飲むのではなく、すぐに足さず、ゆっくりとゆっくりとお楽しみください。熟成古酒は時間と温度で楽しめるお酒です。

古酒の魅力

まず、熟成古酒をグラスに注ぎ(少し大きめの口が良いです)、光に透かして輝く色の美しさを見てください。次にグラスを振って鼻に近づけ、独特の香りを確認してから口に入れます。優しい味わいと香り、調和とボリューム感が豊かに広がります。

古酒を熟成させる魅力は、色の美しさ。造り方や熟成の仕方によって、淡い黄金色から緋色、濃い赤色のルビー色まで、グラスの中で輝きを放ちます。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。