純米酒とは?

純米酒

日本酒は、製造の過程で醸造アルコールが添加されるものと、されないものに区別できます。アルコール添加がなく、米と米麹、水だけが原料のお酒が、「純米酒」です。米の旨味や深いコクをもっとも味わえる日本酒といっても良いでしょう。
純米酒はさらに、精米歩合や製造方法、香味などで細かく名称が分かれています。

純米吟醸酒・純米大吟醸酒

「吟醸造り」で造られた純米酒のことを「純米吟醸酒」、「純米大吟醸酒」と呼びます。より精米した白米を低温でゆっくりと発酵させることで、「吟醸香」と呼ばれる特有の香りを持つように造る製法が、吟醸造りです。

ただ、純米吟醸酒・純米大吟醸酒と名乗る場合は、精米歩合に条件が定められています。
純米吟醸酒の精米歩合は、60%以下。純米大吟醸酒の精米歩合は、50%以下に規定されています。つまりは、純米大吟醸酒の方が、より多く米を磨いて造られるお酒ということです。

特別純米酒

「特別純米酒」とは文字通り、特別な製法で造られた純米酒です。特別な製法と定義されていますが、実はその製法に明確な基準はありません。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。