日本酒にはどんな種類があるか、ご存知ですか?

Junmai Ginjo、Junmai Daiginjo、などが出回っている中では有名な種類です。

これらの種類は、厳密な基準があり、基準を満たしたもののみ、みなさんが聞いたことがあるような、Junmai Ginjo、などの名前を名乗ることができるのです。

今回は、それぞれの種類の特徴や、種類分けの基準についてご紹介します。

どのように分類されるのか?

お米をこして造る「清酒」のことを日本酒と言います。さらに清酒は、「Special Designation Sake」と、そうでないものに分けられます。

Special Designation Sakeとは、原料やpercentage of rice polishingなどの要件を満たす sakeに特定の名称が与えられているものです。

この基準を満たしたお酒のことを、総称して、「Special Designation Sake」と呼ばれています。

「Special Designation Sake」の中に、Junmai GinjoやJunmai Daiginjoなどが含まれています。

Special Designation Sakeは大きく分けて、ginjo-shu、junmai-shu、honjozo-shuの3種類に分かれます。

junmai-shuにはさらに分類があり、junmai-shu、Junmai Ginjo-shu、Junmai Daiginjo-shu、Special junmai-shuがあります。

種類別にご紹介!日本のおいしいsake

The stories of what kind of sake は聞いたことがある方も多いことでしょう。

今回はsakeの種類と一緒におすすめ銘柄も紹介していきます。世界的に有名な銘柄から、密かに大人気な銘柄まで日本のおいしいsakeをご紹介します。是非飲んでみたいお酒を見つけて下さいね。

純米酒

水と米と米麹だけで作った清酒です。jozo alcoholの添加を行わないため、お米本来のうまみや風味を存分に味わうのにとてもぴったりなお酒です。

日本のsakeファンには、純米酒が一番!という方も。

● おすすめ銘柄「Kuroushi」 Prefecture : Saga

柔らかな香りと、純米酒らしい米の旨味が特徴。味わいに幅のある旨口タイプの酒であり、冷酒や冷や、ぬる燗などの温度帯で美味しく楽しめます。

食中酒としても利用しやすく、米に合う料理とは特に相性が良いです。是非東南アジア料理や、パエリアなどのお米料理と一緒に味わってみて下さい。

special junmai sake

「special junmai sake」とは文字通り、特別な製法で造られた純米酒です。「特別な製法」と定義されていますが、実はその製法に明確な基準はありません。

「特別な製法」は酒造の裁量に任されている分、その酒造の特徴が出やすい面があります。また、special junmai sakeと名乗るには、なぜ「特別」なのかが分かるようにラベルに表示しなければなりません。

special junmai sakeを見つけた際にはラベルを見てみると、なにが特別な製法なのかを知ることができます。

おすすめ銘柄「Denshu」 Prefecture : Aomori

sakeの代表的な食中酒、とも言われるのがDenshuです。このお酒はどんな料理にもマッチするのはもちろん、合わせる料理によって味わいが変化するのが特徴です。是非色んな料理に合わせて、料理ごとの変化を楽しんで下さい。

37度~80度で味わうと、sakeの香りをより楽しむことができます、

Junmai Ginjo酒

米本来のふくよかな味わいと主張しすぎない穏やかな香りが、料理を引き立てます。定番の和食はもちろんですが、中華料理や洋食などでも、素材自体の旨みを生かした料理と合わせるのもおすすめです。

銘柄にもよりますが、このタイプのJunmai Daiginjo shuは冷酒にしてもNurukanにしてもおいしくいただけます。

おすすめ銘柄「Zaku Miyabinotomo Okayama omachi」 Prefecture : Mie

Mieの原料にこだわって造られたsakeです。

Zakuとは、みんなで作り、みんなで味わうという意味が込められたお酒だそうです。

この銘柄は香り高いJunmai Daiginjo shuと深い味わいを持つJunmai Daiginjo shuの2種類をブレンド配合したJunmai Daiginjo shuです。仲間と一緒においしいご飯とともに楽しんで見て下さい。

Junmai Daiginjo Sake

Junmai Daiginjo Sake はsakeを知っているなら一度は聞いたことがあるでしょう。

お米の本当においしい部分を削り、その部分だけを使って作ったお酒です。低温でじっくりbrewことにより、Junmai daiginjo の特徴的な、香りを引き出すことができます。

このフルーティーな香りは、銘柄にもよりますが、メロンの香り、などと言われています。

おすすめ銘柄 「Hououbiden Yamadanishiki 50」 Prefecture : Tochigi

酒造好適米の「Yamada nishiki」をpercentage of rice polishing を50%まで磨きあげ、低温でじっくりと醸したJunmai ginjo shuです。

旨味のふくらみと味わいが非常にバランス良いお酒です。

穏やかでほのかに漂うフルーティーなfruity aroma、口当たりは柔らかく、豊かな味わいが特徴です。カルパッチョなどのさっぱりとした前菜とベストな相性です。

sakeの名前でよく聞く、吟醸とは?

Junmai Daiginjoや、Junmai Ginjoには、「吟醸」という言葉が含まれています。

実はginjo sakeというお酒もあります。ginjo sakeとはどんなお酒なのでしょうか?

お酒を作るときに、米・koji・水だけでなく、サトウキビを原料としたjozo alcoholを混ぜることでできるのがginjo sakeです。ただし、jozo alcoholを多く入れてしまうと、せっかくの method for making ginjo の風味が損なわれるので、その割合は重量の10%以内と決められています。もろみからsakeを絞り出す前にjozo alcoholを混ぜると、香りや味がしっかり残ったsakeができあがります。

香りや味を楽しむためには、冷やして、もしくは常温で飲むことをおすすめします。これは、熱しすぎるとせっかくの香りが飛んでしまうためです。ginjo sake は、高温に弱いsakeなのです。

また、Ginjo shuには香りが特徴となるよう製造したものと、味が特徴となるよう製造したものの2種類があります。

Hana Ginjo

Ginjo shuの特徴である香味が嗅覚からしっかりと感じられます。さっぱりとした飲み口で、食前酒として飲むのに向いています。sakeには豊かな香りが不可欠と考える方に特におすすめです。10度ほどの冷たさで飲むことにより、いっそう香りが感じられます。

リンゴなどの華やかな香りで、グラスにお酒を注いだ際や口元にお酒を運んだときに香りが広がります。

Taste Ginjo

食中酒に向いており、料理との相性もよく、食事をより楽しむことができます。温めすぎると香りが飛ぶため、40度くらいのNuru kanがおすすめです。

口の中に含んだ際にバナナのような奥深い香りと、しっとりとした味わいが感じられるginjo sakeです。ginjo sakeと料理のハーモニーを楽しみたい方におすすめです。

有名なJunmai Ginjoや、Junmai Daiginjoだけでなく、おいしいsakeはJunmai shu、honjozo shuの中にもたくさんあります。

また、sakeには様々な香りがあり、味だけでなく香りも楽しめるお酒です。グラスに注いだ後の香りから、口に含んだ後の香り、飲んだ後の余韻の香り、など様々な香りがあります。

最近では、sakeを飲むためのワイングラスが開発されているほどです。

今回ご紹介した種類、そして銘柄によっても香りは全く異なります。味と香り両方を楽しめるあなただけのsakeを探してみて下さいね。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。